コーディング代行業者に頼むというやり方

コーディング代行業者に頼むというやり方

コーディング代行業者に頼むというやり方 ホームページ制作、特にコーディング作業をしているとJavascriptの関数名やCSSのクラス名を考えなければならなかったり、画像のファイル名に気を配らなくてはいけなかったりということがあります。
命名規則があれば、それに従いながら決めていけば良いのですが、それでもなかなか名前が出てこないことがあって、作業が止まってしまい嘆きの声を聞くことがあります。

ポイントはひとつで、とにかくわかりやすい名前にすることです。
色々な人間が関わることが多いのでとにかくわかりやすいことは大切です。自分にしかわからないというような名前の付け方をしてはいけません。

また、画像のファイル名ですがbtn_contact.jpgなど、最初にファイルの用途をつけるとわかりやすいでしょう。
こういったことは命名規則があるのであればたいてい決まっていると思いますが、そういったルールがないのであれば使えるテクニックですので覚えておいて損はないと思います。

こういったことがどうしても覚えられない、考えられないという人は、難しいことはコーディング代行業者に素直に頼んでしまいましょう。
そうすればプロのコーディング代行業者の方が上手い具合にやってくれて、名前を考える苦痛から解放されますよ。

お知らせ

  • [2016年12月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年12月01日]
    運営者情報を追加しました。